大家さん・賃貸オーナーさんのためのインスペクション(住宅診断)サイト

ISO9001認証取得

首都圏エリア クレジットカード利用可能!

難しい問題、「アパートはどこに頼めばいい?」

LINEで送る
Share on GREE
Pocket

 
不動産投資物件として新たにアパートを建てようとしている方からよく聞かれる質問があります。それは「どこに頼めばいいのでしょう?」というもの。大手のハウスメーカーもあれば、地元の工務店や設計士も選択肢として考えられます。とても大きな買い物ですから、簡単には決められませんね。
正直なところ、正解はありません。選択肢それぞれの特徴をよく理解し、ご自分の目的に沿った施工をしてくれるところに依頼するのが最良だと思います。
今回は大手のハウスメーカー、工務店、設計士の特徴についてご説明したいと思います。
 

大手のハウスメーカー

施工や設計の品質が高く、ばらつきも少ないのが特徴です。工務店や設計士探しにかける時間がなく、ブランド力にも魅力を感じる人にはハウスメーカーが向いていると言えるでしょう。
ただし欠陥住宅がゼロかというと、残念ながらそうではありません。結局のところ物件の仕上がりは現場で実施に手を動かす職人さんや現場監督さんの力量や意識にかかってくるので、違いが出てくるのです。
またブランド力がある分、費用も他に比べて高くなります。
 

地元の工務店

意識が高くハウスメーカー以上に性能の高い住宅を作っている工務店もあれば、古い建築基準法に従っているようなところもあり、まさに千差万別です。
ではどうやってレベルの高い工務店を見つけるか。おすすめしたいのは、良さそうな工務店を見つけたら実際の現場を見せてもらうこと。なぜなら現場の整理整頓の具合と工事の品質は比例すると言えるからです。きちんと建築資材が片付けられていて、ゴミも散乱していないのなら信頼できると言えるでしょう。逆に散らかっていれば品質もそれなりとなります。整理整頓もできないのに質の高い工事などできるわけがありませんよね。
また、工務店の財務面にも目を向けてみましょう。工事中に倒産、などという事態になったら大変です。所在地の都道府県庁に申し出れば建設業免許を持っている業者の財務内容をチェックすることができます。
 

設計士

工務店同様、千差万別です。コスト意識が高く現場のプロデュースまでやってくれる人もいれば、自分のやりたいデザイン重視でコストのことをあまり考えないような人もいます。
アパートは基本的に「直方体」が建築コストが抑えられ、また点検や修繕などのメンテナンスもしやすくなり、長期的に見て収益性の高い物件となります。いくらデザインがオシャレでカッコよくても、建築費が高く、メンテナンスのコストが高いのでは不動産投資としてのリスクが大きくなります。「シンプルな形(直方体)で、デザイン性が高い」物件を設計してくれる人を探すのがベストでしょう。
 
 
いずれの選択肢にしても重要なのが、工事中の現場を要所要所で必ずチェックすることです。そうすることで安心してお客様に貸すことのできる物件が出来上がります。
竣工時にプロに依頼してチェックしてもらうことはもちろん、建築段階で第三者のプロの目が入れば心強いですね。