大家さん・賃貸オーナーさんのためのインスペクション(住宅診断)サイト

ISO9001認証取得

キャッシュレス決済

首都圏エリア クレジットカード利用可能!

瑕疵(かし)保険つき中古住宅保証(区分) オプション

LINEで送る
Share on GREE
Pocket

●1000万円まで最長5年間保証 ※免責金額なし

さくら事務所の「瑕疵保険つき中古住宅保証【まんがいち2】」とは、中古住宅の引渡し後に発生した雨漏りや構造的な不具合に対し、1000万円までの補修費用を最長5年間保証する、瑕疵保険※1つきサービスです(免責金額はございません※2)

※1 既存住宅個人間売買瑕疵保証責任任意保険
※2 保険会社へ直接ご請求される場合は、免責金額がございます

●瑕疵(かし)保険つき中古住宅保証がないときのリスク

  • 売主が瑕疵(かし)の修復に応じてくれず、全額自己負担になる可能性がある
  • 瑕疵(かし)の修復に予想以上の出費が出る
  • 瑕疵(かし)が保証されないことを知っていれば決済しなかった

●本オプションのメリット

  • 建物について1000万円まで、最長5年間の保証が受けられる
    該当する損害が生じた際は免責金額無しで保証します※
  • 建物の検査後に保証金額と保証期間を選べる
  • さくら事務所が倒産しても直接保険法人に保険金の請求が行える

※保険会社へ直接ご請求される場合は、免責金額がございます。

●瑕疵担保責任保険の保険金支払事例

事例1

外壁のクラックで約90万円(平成20年度 岐阜県)
2階建て住宅(延べ面積:約170m2)の外壁(サイディング張り)において、建物西側の窓隅、東面2か所、北面1か所にクラックが発生した事例。地盤は良好であり、不同沈下の可能性は考えにくい。

  • 事故発生箇所の既設外壁サイディングの張替え、サッシまわりのクラックの補修、シーリングの一部再施工を行った。

事例2

基礎のひび割れで約170万円(平成18年度 兵庫県)
2階建て住宅(延べ面積:約120m2)において、基礎の立ち上がり部分にひび割れ(外周に10か所、床下側に5か所)が生じた事例。

  • 建物外周の犬走りを撤去した後、基礎部分のひび割れを補修するとともに、カーボンシートを施工する補修工事を行った。

●対象となる住宅

  • 人が居住したことがあること
  • 区分所有される共同住宅であること
  • 昭和56年6月1日以降に建築確認を受けていること、または改修工事により新耐震基準に適合していること
  • 申込み住戸の属する住棟の延床面積が500m2以上または総階数が4以上であること
  • 区分所有される専有部分が5区画以上であること
  • 対象住戸が1住戸であること
  • 床下、天井点検口があり、脚立などを用いて頭を内部に入れられること
  • 売主が不動産業者(宅地建物取引業者)ではない住宅
  • 検査日時点でお引渡し「前」であること

※現場検査のお申込みから検査実施まで時間がかかることがあります。日程に余裕をもってお申込みいただけますようお願いいたします
※現場検査適合後、保証のお申込みが引き渡し日に近いと、保証開始が引き渡し日以降になることがあります

●保証の対象となる部分

保険(保証)の対象となる基本構造部分は「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」で、構造耐力性能または防水性能における 「隠れた瑕疵」が保険の対象です。
その他、専有部分にある給排水管路の瑕疵も対象となります。

※保証内容や保証料はこちらをご覧ください

【保証対象部分】


(イラスト:国土交通省・まんがでわかる「住宅かし担保履行法」より)

●保証が受けられる方 保証開始日

  • 中古住宅を購入して、引渡しを受ける方に対し、引渡し日から保証開始します

※保証のお申込みが引き渡し日に近い場合、保証開始が引き渡し日以降になることがあります

保証内容を記した「保証書」と「保険付保証明書」をお渡しします

※保証書サンプルはこちら

※保険付保証明書サンプルはこちら

さくら事務所発行の「保証書」と、保険法人発行の「保険付保証明書」を発行、中古住宅の引渡しを受ける方にお渡しします。

●サービス料金

現場検査料  20,000円(税抜)~

保証料(現場検査後に保険のご利用を選べます)  74,300円(税別)~