大家さん・賃貸オーナーさんのためのインスペクション(住宅診断)サイト

ISO9001認証取得

不動産投資インスペクション

キャッシュレス決済

お問い合わせ

キャッシュレス決済

首都圏エリア クレジットカード利用可能!

賃貸一棟マンション2年目点検インスペクション(住宅診断)

修繕費はもっと賢く節約できる

アフターサービス徹底活用でその後の修繕費を大幅に節約できるのはご存じですか?
一般的な新築建物の契約には約2年のアフターサービス保証がついており(※)、大家さん、投資物件オーナーさんには保証基準内の不具合を無償で補修してもらう権利があります。

※雨水の浸入を防止する部分、構造上主要耐力部分のみ法律で10年保証

アフターサービスは、期限までに所有者自ら施工会社や売主に申告しなくては保証対象にならず、知らぬ間に2年以上経過していた・・・という事例が多数あります。

また、アフターサービスで保証されるものの中には建設時の初期不良(施工不良)が原因で発現した不具合も含まれ、保証期限を超えてしまえば「保証対象外」として無償補修を断られ、本来オーナー様が支払う必要がなかった修繕費用を無駄に支出することになりかねません。

本サービスでは、完成から満2年を迎える収益不動産について、外壁や廊下などの共用部(歩行可能な範囲)やご希望に応じ、住戸・バルコニーなどについて目視・触診点検を実施。
建物に精通した建築士(ホームインスペクター)が修繕が必要な事象や修繕方法案などをお伝えします。

※アフターサービスの期間や基準は、アフターサービス基準書などをご確認ください。保証対象外の事象や保証期間を過ぎたものは、無償での修繕はしていただけません。

賃貸部分だけでなく共用部分も!

アフターサービスの対象は、賃貸部分だけではありません。共用部分(廊下・階段・エントランス・駐輪場・植栽など)もアフターサービスの対象です。

※設備配管、配線、漏水の保証期間は2年以上の場合があります。また、共用部分の保証は1年の場合もありますので、詳細は建設会社様にご確認ください。
※新築住宅の10年保証は「構造上主要部分」「雨水浸入防止部分」のみです。

対象となる方

✓ 収益物件・投資・賃貸用の住宅を所有している方でまもなく築2年を迎える方

※その他の期間の方も築年数に応じてご利用いただけます。

2年目点検でよく見つかる不具合・劣化事象の例


コンクリートのひび割れ

コンクリート手すりのひび割れ

外壁タイルの割れ

外階段天井の鉄筋錆び汁

車止めが外れている

屋上防水塗装のひび割れ

外壁タイルの白華現象

地下ピットコンクリートのひび割れと白華現象(オプション調査)

外壁タイルの剥落リスクがある大量の浮き(オプション調査)

洗面台下配管の水漏れ

浴室天井裏の排気ダクトからの空気(蒸気)漏れ

床鳴りがする

完成後早期に発生する外壁などのひび割れは雨漏り発生だけでなく、建物の耐久性・耐震性低下につながる恐れも。維持修繕コストを大きく圧迫する原因になりかねません。「経年劣化でオーナー負担になるのは仕方ない」と思われがちなこれらもアフターサービス対象になるケースがあります。

  • 共用部分については、「道路面から見える範囲の外壁」「共用廊下・階段」「屋上・ルーフバルコニー(危険なく調査可能な場合)」「入居者が日常的に使用する共用施設(ごみ置き場・駐輪場・駐車場等)」についてお知らせします
  • 床下・天井裏は容易に開閉できる点検口がある場合に確認できます
  • 機能性や施工状態をチェックするサービスとなり、図面や仕様書との整合確認や傷・汚れに関してはチェック項目に含まれておりません
  • 建物の形状や規模に応じてお見積りいたします

写真付き詳細報告書写真付き詳細報告書がお手元に届きます
※オプション

診断の結果は現地にてお知らせいたしますが、詳細結果を記載した、写真付の「写真付き詳細報告書」が送付されます。

  • 「総合判定」「外周り」「室内」「設備」「特に記載する事項」などに分類・整理して表示
  • 写真やイラストなどを多用、わかりやすさ、見やすさに配慮
  • 全35~40ページ前後(間取りや大きさ、物件の状態により異なる)

サービス料金一覧

基本コース(2住戸分を含む)75,000円+税~
※住戸内部を確認できない場合
60,000円+税~
写真付き詳細報告書(オプション)10,000円+税~
ドローン調査 (オプション)40,000円+税
災害リスクレポート (オプション)8,000円+税
簡易盗聴器探索 (オプション) キャンペーン中12,000円+税
8,000円+税~
外壁タイル打診検査/地下ピット調査(オプション)別途お見積り
  • 消費税は、調査⽇時点の消費税率に基づいてご精算とさせていただきます
  • 首都圏・北海道圏・東海圏・関西圏・九州圏の一定範囲は出張・交通費がかかりません。
    ※サービスにより出張料がかからない地域・範囲が異なります。詳しくは下記をご覧ください。
    首都圏北海道圏東海圏関西圏九州圏
  • 以下の場合は、別途お見積もりとさせていただききます。
    詳しくはお見積りフォームよりお問い合わせください。
    『上記にない市区町村』『延床面積200m2以上』『地上、地下合わせ4階超』『店舗併用住宅』『特定のトラブルがある』

オプションのご説明

ドローン調査:40,000円+税

床下ホームインスペクター(住宅診断士)がドローンを用いて地上・バルコニーから見えない屋根の上空から状況を撮影し、映像から不具合が無いかを確認します。死角を少なくし、リスクを減らすことが可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

災害リスクレポート:8,000円+税

あなたの希望する場所(地域)の土地・地盤の地震時のゆれやすさや液状化の可能性、浸水実績、土砂災害の可能性などが記載されたレポートをお申込み後約3日でレポートをご送付します(PDFをメール添付)。なお、本レポートは対象不動産固有の土地・地盤を調べたものではなく、その土地を含む地域の情報となります。詳しくはこちらをご覧ください。

簡易盗聴器探索:8,000円+税~ キャンペーン中

盗聴器による不測のプライバシー漏洩を「盗聴器探索」で防ぎます。
詳しくはこちらをご覧下さい。

アフターサービス期間終了後のリスク

2

  • アフターサービス期間終了後に不具合がわかり、自己負担で補修となる
  • 建物の状態がわからず補修計画・収支計画が立てられない
  • 建物に問題が発生し、入居者の生活に支障が出る
  • 建物に生じた問題について、責任の所在があいまいになる
  • 建物のトラブルが入居率や家賃に影響し、結果として投資収益性を下げる

本サービスのメリット

  • インスペクション費用は事業経費としてできる
  • アフターサービス期間内に修繕することで、出費を軽減することができる
  • アフターサービス期間後、リフォームや修繕に「いつごろ」「どこにいくらくらいのお金がかかるのか」がわかる
  • 『建築士のインスペクション(定期点検)済み』の物件により、ご入居者に情報提供でき、安心してもらえる
  • 構造、設備、防犯性など、建物の本質的な性能がわかる
  • 高レベルな検査精度で、施工会社や入居者とのトラブルを軽減することができる
  • 売却や相続をする前にその建物のメリット・デメリットを 知ることができ、報告書があることで次の所有者が安心できる
  • ホームインスペクターの知識・経験に基づいた報告・アドバイスを受けられる
  • 大家様・賃貸オーナー様と建設会社様や仲介会社(管理会社)様の今後の関係 に配慮しつつ、冷静かつ的確なコミュニケーションが行われる
  • 結果の概要がその場でわかるほか、オプションの写真付き詳細報告書を選ぶとお手元に届き、物件の将来価値を維持するための大切なデータ「住宅履歴書」 として保管できる

girl

投資用の賃貸住宅は、2年目の無償修繕を有効活用することで、その後のメンテナンス費用が大きく変わります。よくあるのは基礎や外壁のひび割れですね。ひび割れはアフターサービス期間に修繕してもらうと無償ですが、気づかずに放っておくと、いつのまにかボロボロになって補修費用が100万円以上!ということもありえます。

ご利用者様の声

オーナーとして自分でも事前に一通り建物を見ていたのに、基礎の大きなひび割れや部分的な床の傾きなどにはまったく気付けていなかったので頼んでよかったです。また、アフターフォローで今後もホームインスペクターに建物のことを相談できるのはとてもありがたい。
当初は調査に費用をかけることを少し迷いましたが、インスペクション費用を経費にできたので助かりました。今は賃貸経営にホームインスペクターはなくてはならない存在だと痛感しています。またお世話になると思いますので、今後ともよろしくお願いしま す。
無料保証がなくなる2年目のタイミングで依頼をしました。補修すべき箇所を複数指摘していただき、施工会社に無料で補修してもらいました。有料になることを考えると調査費用ははるかに低価格で実施でき、経費で落としたので本当にお得でした。また専門家からこれからの修繕の目安などをアドバイスいただき、収支計画も早いタイミング で見直すことができました。
▸ ご依頼者様の声をもっと見る

使用する標準機材

オートレーザーオートレーザー
水平精度・垂直精度を素早く計測
縦横方向にのびる赤いレーザー光を基準に施工精度をはかります。
縦軸の光を基準にすることで壁の倒れや膨らみ歪みを確認します。
また横軸の光を基準に床までの距離を測ることにより床の傾きを正確に把握することが可能です。
電気抵抗式木材水分計電気抵抗式木材水分計 ※木造住宅の場合
一戸建ての木材やチップボードの水分の含有率を測定します。
木材が十分乾燥されていないと柱や土台にひび割れが出てきたり、そり、むくりなど完成後に影響がでる場合があります。
含水率15%以下であれば、木材が柔軟性と剛性を発揮するのに最適な状態といえます。15%~20%であれば一応合格でしょうか。20%を大きく超えると、カビや腐朽菌が発生しやすい状態となります。
精密水平器精密水平器
洗面台や靴箱、物入れの棚などは水平器を使用して精度をはかります。
スケールスケール
ガードケース装着で、仕上げ面を傷つけない。落下に強いJIS1級品。補正機能・飛び防止用プロテクター付
脚立
脚立
懐中電灯
懐中電灯
チェックシート
チェックシート

girl2

賃貸一棟マンション2年目点検インスペクションは劣化状況や将来かかる想定コスト、リフォーム時の発展性などをアドバイスします。

具体的なチェック項目(チェックリストの一部を抜粋)

チェック箇所例チェック箇所例

バルコニー・テラス・玄関ポーチ(専用使用権のある共用部分)

外壁:仕上げの著しいひび割れ・欠損・浮き・チョーキング・こけ・変退色・水染み跡・剥がれ・ポップアウト・隙間・白華 シーリング材:著しいひび割れ・剥離・破断・チョーキング 床面:破断・めくれ・浮き・勾配不良・雑草の発生・著しいひび割れ・欠損 ドレイン:著しい錆び・外れ・異物詰まり 手すり:支持部材の腐食、ガラスのひび割れ・欠損 軒裏:著しいひび割れ・欠損・浮き・剥がれ・水染み跡・白華 雨樋:変形・破損・外れ・著しい変退色 配管配線:貫通部の隙間 外部金物等:ぐらつき・著しい錆び・腐食 メーターボックス等:鉄部の欠損・錆び・チョーキング等

住戸内仕上げ表面

壁・柱・梁:湿気が原因と考えられる剥がれ・著しい割れ・腐食・かび・水染み跡 床:ひび割れ・剥がれ・著しいめくれ・欠損・腐食・かび・床鳴り・きしみ・沈み 天井:著しいひび割れ・欠損・腐食・かび・水染み跡等

天井裏(浴室等)

コンクリート表面:著しい割れ・ジャンカ・漏水・かび等

住戸内設備

給排水設備:床下排水管の漏水、給水の著しい吐水量不足・水の著しい変色・漏水、給湯器からの漏水、排水時の封水の吸引または噴出し・排水不良・詰まり・漏水 換気設備:給排気量不足・動作不良・異音・ダクト接続不良・外部貫通部破損・滅失 火災報知器:有無

生活やリフォームに関係するアドバイス項目

防犯対策:玄関ドアの鍵の数、窓の鍵の仕様、ガラスの仕様 リフォームのしやすさなど:床・天井の工法、排水管の位置、給水管の耐久性(材質) バリアフリー:床段差、手すり設置箇所 安全対策:転落の恐れがある窓の手すり その他:遮音性が低い壁仕上げ工法の有無、エアコン設置の可否、電気容量・ブレーカーの落ちにくさ(分電盤の回路分け、エアコン等専用回線の有無)、窓の断熱対策等

※共用部分については、「道路面から見える範囲の外壁」「共用廊下・階段」「屋上・ルーフバルコニー(危険なく調査可能な場合)」「入居者が日常的に使用する共用施設(ごみ置き場・駐輪場・駐車場等)」についてお知らせします
※床下・天井裏は容易に開閉できる点検口がある場合に確認できます
※機能性や施工状態をチェックするサービスとなり、図面や仕様書との整合確認や傷・汚れに関してはチェック項目に含まれておりません

さくら事務所が選ばれる理由

iso4-300x204

  • 品質マネジメントの国際規格「ISO9001:2008」の認証を取得。高いサービス品質を確実にご提供する体制を整えています。詳細はこちら
  • ご利用実績がダントツ 45,000組超の利用実績!業界のリーディングカンパニー
  • スキル・知識がダントツ 日々の研鑽が裏づけ。高度なスキルや知識を持つホームインスペクター
  • 姿勢・想いがダントツ 「中立」「公正」「完全独立系」
  • 注目度がダントツ メディア掲載・出演、著書多数

▸ もっと見る

さくら事務所ならではの特徴

  • 必ず建築士が同行。とりわけ「設計」や「施工」に精通した、業界トップクラスの実力者を厳選
  • 担当者の指名もできる! ▸ ホームインスペクター一覧
  • 指摘項目の根拠について客観的な数値を示すため、標準機材を使用します
  • 業界随一の、膨大な過去調査データを裏づけとした調査を行います
  • 時間制限や超過料金はありません
  • 料金は後払いです
  • ご依頼者が法的対応を迫られる事態に備え、顧問弁護士とも連携
  • クレジットカード決済も可能です。詳しくはこちらをご確認ください

お申し込みの手順

1.お申し込み

お申し込みはお申し込みフォームからお願いいたします
(自動返信メールが届きます)

ファックスでのお申込みは、用紙をダウンロード後、印刷してお送り下さい
申し込み用紙のダウンロード
キャンセル料の規定はこちらをご覧ください
※お急ぎの場合は、0120-390-592にて、日程等お問い合わせください

矢印

2.さくら事務所より「受付完了メール」を送信

この時点で正式に「お申込み完了」です

矢印

3.必要書類の送付

平面図、立面図など出来るだけ多くの図面のご用意をお願いします⇒ ※調査参考資料一覧をご参照ください

矢印

4.担当者よりご依頼者様へ連絡(ごあいさつ・待ち合わせ場所・時間の確認)

調査の前日までに、調査担当者より、お電話にて確認のご連絡をさせていただきます

矢印

5.現地にて調査

調査結果については当日、現地でお知らせいたします

矢印

6.写真付き詳細報告書(オプション)

調査日の4日後、写真付き詳細報告書を送信します(PDFファイルをメール添付で。ご希望者には郵送)

矢印

7.質疑応答

ご質問等あればお気軽にお問い合わせください

矢印

8.料金のお支払い

写真付き詳細報告書が到着後、7日以内にお願いいたします
※クレジットカード決済を選択されたお客様には、写真付き詳細報告書(またはご案内資料)送付時に決済手続き用URLをお客様のメールアドレス宛にお送りいたします

矢印

サービスのお申し込み お問い合わせ・お見積り

LINEで送る
Pocket