大家さん・賃貸オーナーさんのためのインスペクション(住宅診断)サイト

ISO9001認証取得

TEL:0120-390-592

首都圏エリア クレジットカード利用可能!

新築賃貸一戸建て内覧会(竣工検査)立会い・同行

LINEで送る
Share on GREE
Pocket

収益物件/新築賃貸一戸建て内覧会(竣工検査)立会い・同行

収益物件/新築一戸建て投資インスペクション(住宅診断)一級建築士事務所、さくら事務所の「収益物件/新築一戸建て投資内覧会(竣工検査)立会い・同行」とは、建物に精通したホームインスペクターが、客観的な立場から、また専門家の見地から、大家さん・賃貸オーナーのご検討物件について専門的に内覧会(竣工検査)立会い・同行を行うものです。

対象となる方

対象となる方『収益物件/投資・賃貸用の新築一戸建てを契約後、お引渡し前の方』
※『収益物件・投資・賃貸用の新築一戸建てをこれから購入する方は新築賃貸一戸建て投資インスペクション(住宅診断)

参考:「ホームインスペクションのベストタイミングはいつか?

大家さん・賃貸オーナーのリスク

新築時には入居が決まっても、長く住んでもらえない

新築なのに不具合があり、対応に時間がかかる。その結果、契約更新を待たず退去となってしまう。

入居後に見つかった不具合が建設時からあったのか入居後に起きたのか不明確になる

大家さん・賃貸オーナーの責任なのか、賃借人様の責任か、責任の所在が明らかでないため、トラブルになってしまう

売主・施工会社の負担で修繕できるものを自費で直していた

引き渡し前に指摘した不具合はすべて売主・施工会社の責任で修繕されるが、引き渡し後は保証対象項目に限定されたうえ、所有者が売主に修繕請求しない限り、大家さん・オーナーが費用負担することになる

賃借人の入居日が決まっているのに、不具合の是正に時間がかかる

内覧会以降にばらばらと不具合を発見すると修繕対応にも時間がかかる。その結果、賃借人に迷惑をかけ、契約不履行問題に発展することも

建物の品質が不安

工事が適切に行われたのかを確認したくても、内覧会で見た目以外の見るべきポイントがわからず、曖昧なまま引渡しを受けて不安が残る

本サービスのメリット

本サービスのメリット

  • 不具合・トラブルが発生するリスクを減らせて、安心した賃貸経営ができる
  • 『建築士のインスペクション済み』の物件により、ご入居者様に安心してもらえる
  • 高レベルな検査精度と100項目を超える独自のチェックリストで、入居者に発生しうるトラブルを未然に防げる
  • 建物に問題がないか、専門家がチェックすることで安心感が増す
  • 引渡し後に不具合が見つかると入居者や管理会社(仲介業者)、施工会社との調整が大変になりがちなところ、引渡し前に修繕依頼するのでシンプルに施工会社とのやり取りだけで済む
  • 補修個所・改善点について施工会社に指摘してもらえる。 ホームインスペクターが同行することで、業者側の対応も違い、判断基準が明確かつ公平・公正になる
  • ホームインスペクターの知識・経験に基づく、購入者・発注者側の立場で見た報告・アドバイスを受けられ、売主・施工者側の主張が正しいか、ホームインスペクターが判断してくれる。
  • 大家さん・賃貸オーナーと施工会社さらに管理会社(仲介業者)の今後の関係に配慮しつつ、冷静かつ的確なコミュニケーションが行われる。 客観的な数値と常識的な判断にての交渉を行うため、関係を損なうことなく対応・説明を求めることが可能
  • ご希望に応じて内覧会(竣工検査)報告書をお送りし、再内覧会を踏まえた注意、確認事項をご案内。住宅資産価値を保持するための、大切な履歴書として保管できる(オプション)

girl

「建物に精通したプロフェッショナルであるホームインスペクターなら、施工会社の説明の誤りやごまかしも判別が可能です。知識格差・情報格差を解消し、建物に関する賃貸経営のサポートをします。」

使用する標準機材

オートレーザーオートレーザー
水平精度・垂直精度を素早く計測
縦横方向にのびる赤いレーザー光を基準に施工精度をはかります。
縦軸の光を基準にすることで壁の倒れや膨らみ歪みを確認します。
また横軸の光を基準に床までの距離、天井までの距離を測ることにより床・天井の傾きを正確に把握することが可能です。
電気抵抗式木材水分計電気抵抗式木材水分計 ※木造住宅の場合
一戸建ての木材やチップボードの水分の含有率を測定します。
木材が十分乾燥されていないと柱や土台にひび割れが出てきたり、そり、むくりなど完成後に影響がでる場合があります。
含水率15%以下であれば、木材が柔軟性と剛性を発揮するのに最適な状態といえます。15%~20%であれば一応合格でしょうか。20%を大きく超えると、カビや腐朽菌が発生しやすい状態となります。
精密水平器精密水平器
洗面台や靴箱、物入れの棚などは水平器を使用して精度をはかります。
スケールスケール
ガードケース装着で、仕上げ面を傷つけない。落下に強いJIS1級品。補正機能・飛び防止用プロテクター付
脚立
脚立
懐中電灯
懐中電灯
チェックシート
チェックシート

girl2「指摘箇所について、数値的な根拠を示すために標準機材を使用します。施工会社側に、感覚や印象ではなく、具体的な数値を明示したうえで交渉に臨むことが重要です。」

具体的なチェック項目(チェックリストの一部を抜粋)

具体的なチェック項目(チェックリストの一部を抜粋)【屋外】入居検討者の第一印象に関わる重要な外観をチェック

基礎のひび割れ・鉄筋の露出・蟻道、外壁のひび割れ・チョーキング・シーリング材のひび割れ、屋根のひび割れ・欠損・変色やコケの発生・雨漏り、雨樋の破損、軒裏のひび割れ、バルコニーの防水層の破断・床の欠損・手すりのぐらつき・サッシ・シャッターなどの動作不良、外部階段の欠損、腐食等

【室内】入居者のクレームにつながりがちなポイントを重点的にチェック

壁、柱及び梁のうち屋内に面する部分および壁面の仕上げの剥れ・ひび割れ、剥がれ・きしみ・染み・水平垂直(建物精度)、壁紙等の剥がれ・亀裂・カビ、階段の著しい沈み・きしみ・精度、建具(室内ドア等)の動作不良、内部耐力壁の固定ビス間隔(2×4工法)等

【床下】入居後は容易に見られない構造や水漏れ有無をチェック

土台及び床組の構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ・腐食・木材含有水分率、基礎立上りやべた基礎(耐圧盤)のひび割れ・鉄筋の露出が伴う欠損、金物の緩み・漏水・蟻道の跡等

【小屋裏・天井裏】雨漏りや構造不具合、断熱材不足など住み心地に関係する重要項目をチェック

梁・桁および小屋組の構造耐力上支障があると思われる部材や接合部の割れ・腐食・ 木材含有水分率、換気ダクトの接続不良、金物の緩みなど接続不良・欠損、断熱材の隙間、漏水・蟻道の跡等

【設備】入居者が最も気にする設備機器をしっかりチェック

キッチン・洗面・トイレ・浴室などの給水量不足・漏水・給排水全般、24時間換気などの換気設備の動作不良、給湯器周辺の製造年月日・火災警報器の作動、漏水、敷地内最終枡の蓄積物

※高所の確認は、1.2メートル程の脚立を使用して安全に確認出来る範囲となります。あらかじめご了承くださいませ

※傷・汚れの判断は主観により異なるためチェック項目に含まれておりませんが、気付いたものはお知らせいたします。ご依頼者様にて判断にお困りのことがあればアドバイス致します

写真付のご報告書写真付のご報告書がお手元に届きます

※報告書サンプルはこちら(PDF)
(PDF:閲覧は無償ソフトをダウンロード)

診断の結果は現地にてお知らせいたしますが、詳細結果を記載した、写真付の「ホームインスペクション(住宅診断)報告書」 が送付されます。

  • 「総合判定」「外周り」「室内」「床下」「小屋裏・天井裏」「設備」「特に記載する事項」などに分類・整理して表示
  • 写真やイラストなどを多用、わかりやすさ、見やすさに配慮
  • 全35~40ページ前後(間取りや大きさ、物件の状態により異なる)

『ホームインスペクション(住宅診断)』の現場では、どんなことが行われているのか?

「“不動産の達人サービス”現場レポート」をご覧ください。

ご利用者の声

これまでは入居者から修理の依頼があったとき、建築当初の不具合だったのか、経年で起きた不具合なのかが解らず、すべて大家である自分が費用負担していました。
初めて専門家に詳しくチェックしてもらったことで、引渡し前に施工会社が直すべきものをきちんと通知することができ、不要な出費を事前に免れたと感じています。
当初考えていなかった出費でしたが、お願いして本当に良かったです。
施工会社からは「不具合が出たらアフターサービスで直しますから」といつも言われていたものの、現実に建築当初の施工不良だと立証できず大家負担になった修繕がいくつかあり、疑問を感じていました。
今回は引渡し前に施主として、しっかり検査できたことで、これまで入居後にクレームであがっていたような施工不良を前倒しして施工会社に直してもらうことができ、大変満足しています。
引渡し後の入居者からのクレーム対し、施工会社から「こんなものだ」と修理を断られたり、大家の費用負担だと言われても、建築の専門知識がなく反論もできないままでいましたが、さくら事務所のサービス利用者は期限なしでアフターフォローの相談ができるという事なので、今まで相談相手がいなかった建物について、いろいろ聞けることが心強いです。
もっと見る⇒ 利用者の声

さくら事務所が多くの方に選ばれる理由

  • ご利用実績がダントツ37,000組超の利用実績! 業界のリーディングカンパニーです
  • 品質マネジメントの国際規格「ISO9001:2008」の認証を取得
    高いサービス品質を確実にご提供する体制を整えています ※「ISO9001」とは
  • 利害関係のない中立な第三者として、購入者の方の立場に立ったアドバイスを行います
  • スキル・知識がダントツ! 業界トップクラスの実力を持つホームインスペクターが揃っています!
    現場には必ず建築士資格を持ったインスペクターが同行、担当者の指名もできます!
    ★ホームインスペクター一覧はこちら
  • 所属するホームインスペクターやコンサルタントが50名以上いるため、予約が取りやすく、
    急ぎのご依頼にも対応しています
  • 時間制限や超過料金はありません
  • しっかりとチェック&アドバイスするために、
    ホームインスペクター(建築士)ひとりが1日に担当する業務は午前1組、午後1組までとしています
  • 料金のお支払いはクレジットカード決済もご利用可能です
    ※クレジットカード決済のお手続きはサービス完了後となります
    CC
    ※詳しくはこちらをご確認ください
  • ご依頼者が法的対応を迫られる事態に備え、顧問弁護士とも連携しています

もっと見る⇒ さくら事務所がダントツで業界ナンバーワンの理由

さくら事務所ご依頼者様の特典

  • 契約や引渡し条件など、不動産取引全般に関するご相談も無料「ご依頼者専用カウンター」をサービスお申込段階から何度でもくり返してご利用できます
  • サービス終了後、お電話・メールでのご相談をお約束するアフターフォローは永年ご利用になれます

【さくら事務所ご依頼者様限定の無料特典!】

★さくら事務所の「火災保険相談サービス」
「保険料のムダ払い」「保険のかけすぎ」が全体の約72パーセント(当社実績)も占める火災保険

火災保険(比較・見積り・見直し)相談1回無料(60分 5,000円相当)でご利用いただけます
火災保険相談の利用で削減できた保険料の例     新築一戸建て火災保険加入のタイミングは?

※火災保険相談サービス以外のご相談もお受けしております。詳しくはこちらよりご覧くださいませ。

ご依頼者さま特典として本サービスお申込み後すぐ、一戸建ての維持管理にお役立ていただける、さくら事務所オリジナル「自宅点検&気になるところは即DIY!」をダウンロードしていただけます。(全39ページ)

diy

年に1度は自宅点検で建物寿命を延ばそう

・A.外観のチェック ・B.室内のチェック
・C.屋根裏のチェック ・D.床下のチェック
・E.設備のチェック

自分でデキる!補修方法

1.外壁にひび割れ発見! 2.基礎コンクリートにひび割れ発見!
3.室内のクロスに剥がれを発見!

サービス料金一覧

新築賃貸一戸建て投資内覧会(竣工検査)立会い・同行

東京圏 以外はこちらへ ⇒ 北海道圏関西東海九州圏

基本コース60,000円+税
インスペクション・データ10,000円+税
【屋根裏】 詳細調査 (オプション)
※キャンセル料金はかかりません
20,000円+税
【床下】 詳細調査 (オプション) キャンペーン中
※キャンセル料金はかかりません
35,000円+税
30,000円+税
特殊機材使用 (オプション)80,000円+税

オプションのご説明

【屋根裏】 詳細調査:20,000円+税

屋根裏詳細調査オプションで分かること・基本との違い(イメージ図)はこちら

ホームインスペクターが床下点検口などから床下の内部に入り、移動して目視できる範囲を調査します。進入できない場合でもキャンセル料はかかりません。配管からの水漏れやシロアリ被害、断熱施工や施工不良が心配な方にお勧めです。詳しくはこちらをご覧ください。

【床下】 詳細調査:30,000円+税 キャンペーン中

床下詳細調査オプションで分かること・基本との違い(イメージ図)はこちら

ホームインスペクターが床下点検口などから床下の内部に入り、移動して目視できる範囲を調査します。進入できない場合でもキャンセル料はかかりません。配管からの水漏れやシロアリ被害、断熱施工や施工不良が心配な方にお勧めです。詳しくはこちらをご覧ください。

特殊機材使用:80,000円+税

特殊機材使用標準機材に加えて、人の目ではすでに確認ができない壁内の断熱材に著しい欠損がないか、外壁に雨水が入って異常な温度差が生じていないかなどの確認が可能な特殊機材を使用します。特殊機材オプションをご覧ください。

※消費税は、調査日時点の消費税率に基づいてご精算とさせていただきます

※屋根裏・床下オプション調査は、安全性が確認でき、高さが有効で30cm程度、人通口・点検口の大きさが30cm×60cm程度の場合に実施が可能です。また、排水管や基礎の形状などによる障害、現地の状況により、調査時に調査範囲・実施の有無が変わることがありますのであらかじめご了承くださいませ。

よくある質問(FAQ)

faq

お申し込みの手順

1. お申し込み

お申し込みはお申し込みフォームからお願いいたします。
(自動返信メールが届きます)

FAXでのお申し込みをご希望のお客様は、フリーダイヤル(0120-390-592)までご連絡くださいませ
キャンセル料の規定はこちらをご覧ください
※お急ぎの場合は、0120-390-592にて、日程等お問い合わせください

矢印

2.さくら事務所より「受付完了メール」を送信

この時点で正式に「お申込み完了」です

矢印

3.必要書類の送付・不動産会社への連絡

矢印

4.担当者よりご依頼者様へ連絡(ごあいさつ・待ち合わせ場所・時間の確認)

調査の前日までに、調査担当者より、お電話にて確認のご連絡をさせていただきます

矢印

5.現地にて調査

調査結果については当日、現地でお知らせいたします

矢印

6.報告書(オプション)

調査日の4日後、報告書を送信します (PDFファイルをメール添付で。ご希望者には郵送)

矢印

7.質疑応答

ご質問等あればお気軽にお問い合わせください

矢印

8.料金のお支払い

報告書が到着後、7日以内にお願いいたします
※クレジットカード決済を選択されたお客様には、報告書(またはご案内資料)送付時に決済手続き用URLをお客様のメールアドレス宛にお送りいたします。

矢印

サービスのお申し込み お問い合わせ・お見積り