大家さん・賃貸オーナーさんのためのインスペクション(住宅診断)サイト

ISO9001認証取得

キャッシュレス決済

首都圏エリア クレジットカード利用可能!

お知らせ一覧

LINEで送る
Share on GREE
Pocket

  • 賃貸一戸建て
  • 賃貸マンション(区分)
  • 賃貸アパート
  • 賃貸一棟マンション
2018.02.21 長嶋修が解説!2018年の注目不動産最新トピック3つ
収益物件のオーナー様、投資物件をお探しの方なら知っておきたい2018年注目のトピックを不動産コンサルタント長嶋修が解説します!都心湾岸地区は多摩ニュータウンのようになる?30代を中心とした若い世代に根強い人気を誇る、豊洲、勝どきといった都心の湾岸地...

no image

2018.01.20 12月の内覧会で最も多かった不具合、トラブルは?
収益一棟アパートや投資用一戸建てなどを新築されている投資物件オーナー様は、もう内覧会、引き渡しの真っ最中なのではないでしょうか?3月末に向け、物件のお引き渡し件数は増えていきますが、収益物件は2~3月に募集を掛けるため、お引き渡しや内覧会は、今...

内覧会

2018.01.10 長嶋修が解説!2018年不動産市場予測【後半】
不動産投資市場、代替投資の出現も影響?2012年12月の政権交代以降の金融緩和から、また2015年の相続増税以降価格上昇(利回り低下)を続けてきた個人の不動産投資市場も、日銀の警告や金融庁の監視強化により2017年には融資も2ケタの減少。こうした趨勢は18年...

2018年不動産投資市場

2018.01.04 長嶋修が解説!2018年不動産市場予測【前半】
2017年の不動産投資市場は「低金利」や「金融緩和」の恩恵を受けつつ価格上昇(利回り低下)を続けてきたところ、「日銀の警告」や「金融庁による融資姿勢のチェック」などが冷や水となり頭打ち感が出た、といったところでした。では、2018年はどうなるのでしょ...

2017.12.15 空室物件はここをチェック!よくある不具合事例
長く空室だった物件を投資用で購入する際には、気を付けたいポイントがいくつかあります。今回は実際のホームインスペクション(住宅診断)の事例をもとに、空室が長かった物件でよくある不具合をご紹介します。不具合事例①入居者の生活に直結、設備の不具合空...

空室が長かった物件の不具合

2017.12.09 修繕費用に利回りを左右されないために!瑕疵保険のすすめ
入居者募集の繁忙期に向け、さくら事務所には収益アパートやマンションのインスペクション(住宅診断)のお問い合わせを多く頂きます。購入前に建物の状況をプロのインスペクター(住宅診断士)に確認してほしい、という大家さん、オーナーさんは多いようです。...

外壁のひび割れ

2017.11.27 投資物件、満室と空室それぞれのメリット&デメリット
投資用アパートとして一棟購入する場合、気になるのが入居者の有無。さくら事務所でも多くの投資用物件のインスペクション(住宅診断)のご依頼を頂きますが、入居者の有無(満室なのか空室なのか)によって、アドバイスも異なります。そこで今回は、満室・空室...

2017.11.07 繁忙期の募集に備えて今、投資物件のチェックポイント
物件を所有している大家さん、投資物件オーナーさんの中には、年明け繁忙期の募集に向けて、修繕計画をお考えの方もいらっしゃるでしょう。とはいえ、どこからチェックするべきか?どんなところを修繕することで物件の印象をよくできるのか?お悩みの方も多いか...

収益物件のチェックポイント

2017.10.25 利回りにも大きく影響!修繕をみすえた物件チェックポイント
不動産投資で大事なのはその事業の計画性です。収益物件のインスペクション(住宅診断)を行う際、まずご依頼者さまに確認するのが「今後、この物件でどうゆう計画を立てているのか?あと少なくとも何年この状態でで使いたいのか?」ということです。それによっ...

フローリング工事

2017.10.09 収益物件のインスペクション、大事な2つの目線
通常、収益物件のインスペクションでは、マイホーム購入の際のインスペクションと異なり、入居者様に直接アドバイスすることはできません。では、具体的に物件をどのようにみて、どんなアドバイスをするのでしょうか?今回は収益物件インスペクション時に必要な...

タイルの欠け