大家さん・賃貸オーナーさんのためのインスペクション(住宅診断)サイト

ISO9001認証取得

首都圏エリア クレジットカード利用可能!

賃貸アパート一覧

LINEで送る
Share on GREE
Pocket

  • 賃貸一戸建て
  • 賃貸マンション(区分)
  • 賃貸アパート
  • 賃貸一棟マンション
2017.12.15 空室物件はここをチェック!よくある不具合事例
長く空室だった物件を投資用で購入する際には、気を付けたいポイントがいくつかあります。今回は実際のホームインスペクション(住宅診断)の事例をもとに、空室が長かった物件でよくある不具合をご紹介します。入居者の生活に直結、設備の不具合空室が長かった...

空室が長かった物件の不具合

2017.12.09 修繕費用に利回りを左右されないために!瑕疵保険のすすめ
入居者募集の繁忙期に向け、さくら事務所には収益アパートやマンションのインスペクション(住宅診断)のお問い合わせを多く頂きます。購入前に建物の状況をプロのインスペクター(住宅診断士)に確認してほしい、という大家さん、オーナーさんは多いようです。...

外壁のひび割れ

2017.11.27 投資用物件、満室と空室それぞれのメリット&デメリット
アパートなどを投資用として1棟購入する場合、気になるのが入居者の有無。さくら事務所でも多くの投資用物件のインスペクションのご依頼を頂きますが、入居者の有無(満室なのか空室なのか)によって、アドバイスも異なります。そこで、今回は満室・空室それぞ...

2017.11.07 繁忙期の募集に備えて今、大家さんはここを見るべき!
物件を所有している大家さん、オーナーさんの中には、年明け繁忙期の募集に向けて、修繕計画をお考えの方もいらっしゃるでしょう。とはいえ、どこからチェックするべきか?どんなところを修繕することで物件の印象をよくできるのか?お悩みの方も多いかと思いま...

収益物件のチェックポイント

2017.10.25 利回りにも大きく影響!修繕をみすえた物件チェックポイント
不動産投資で大事なのはその事業の計画性です。収益物件のインスペクションを行う際、まずご依頼者さまに確認するのが「今後、この物件で、どうゆう計画を立てているのか?あと少なくとも何年この状態でで使いたいのか?」ということです。それによって、今後の...

フローリング工事

2017.10.09 収益物件のインスペクション、大事な2つの目線
通常、収益物件のインスペクションでは、マイホーム購入の際のインスペクションと異なり、入居者様に直接アドバイスすることはできません。では、具体的に物件をどのようにみて、どんなアドバイスをするのでしょうか?今回は収益物件インスペクション時に必要な...

タイルの欠け

2017.08.15 収益物件はここを見る!外観からわかる劣化サイン
入居希望の方が物件を見たとき、最初に印象を決めるのが、その外観です。もしかしたら、少しの補修でグンと印象が良くなるところ、チェックを怠って損をしている物件もあるかもしれません。今回は、外壁からわかる建物の劣化の状況について、実際にホームインス...

2017.06.27 梅雨時期だからこそわかる! 建物のチェックポイント
梅雨は早く終わってほしいと思いつつ、実は不動産を見るのに雨天は好条件。と言うのも、雨が止んで水が乾いたら見られないところに、建物の劣化が隠れていることがあるからです。購入検討中の方も、所有物件の現状を把握したい方も、雨の日に建物を見るときにチ...

2017.05.23 「25年で建物価値ゼロ」からの脱却
 「25年程度で建物価値ゼロ」が常識だった、これまでの日本の住宅。この常識を覆そうとする動きがあるのをご存知ですか?「築年数を無視した建物評価の仕組みの導入」が行われようとしているのです。 情報を一元化し、建物を評価 建物を評価するにあたって必要...

2017.05.16 梅雨による住宅へのダメージ、防ぐためのチェックポイントとは?
5月のさわやかな陽気が続いていますが、まもなく梅雨の時期がやってきますね。梅雨時期は蒸し暑さで疲れが出やすい季節ですが、実は住宅もダメージを受けているのをご存知ですか? 雨が降り続け湿度も上がるため、雨漏りやカビが発生しやすくなるためです。 特...

1 / 612345...最後 »