大家さん・賃貸オーナーさんのためのインスペクション(住宅診断)サイト

ISO9001認証取得

キャッシュレス決済

首都圏エリア クレジットカード利用可能!

お知らせ一覧

LINEで送る
Share on GREE
Pocket

  • 賃貸一戸建て
  • 賃貸マンション(区分)
  • 賃貸アパート
  • 賃貸一棟マンション
2014.07.01 ホームインスペクション(住宅診断)でわかる収益物件の利回り
一般的な投資指標とされる不動産投資の「利回り」ですが、実際に物件を見に行ってみると、建物の質がバラバラであることに驚かされます。要するに【建物の良し悪し】や【状態と利回り】には、何ら因果関係がないということなのです。同じ価格帯や利回りの物件で...

2014.06.24 ボロボロだけどお買い得な中古住宅
コンクリートの基礎部分↑↑↑とある投資家の依頼で、都内にある築30年の一棟アパートを調査しました。土地は敷地延長の地形で割安感があり、建物価格はゼロ。メンテナンスもほとんど行われていないようで見た目はボロボロ。長く売れ残っていた物件です。しかしこ...

2014.06.17 投資用新築一戸建ての建物の傾き・チェックのコツ
一戸建ては建物を正しく建てられたとしても、完成・入居後しばらくして、建物が傾くことがあります。地盤沈下による建物の傾き・チェックのコツ引き渡し・引っ越し後からさほど時間が経っていない新築住宅の所有者に頼まれて、建物の傾斜測定に伺った一戸建ての...

2014.06.13 コンクリートの工事は適切か?!
コンクリートの成分は「水・セメント・砂利」。上手に工事されていると、その表面はきれいなものです。これらの成分がうまく混ぜ合わさっていること混合比率が適正であること適切に施工することが大切。上記↑↑↑の画像をご覧ください。コンクリートの表面に、デ...

2014.06.10 入退去のタイミングで空室となったお部屋チェック
大家さんや投資物件オーナーさんにとって大切な財産でもあります収益物件。今回は投資用一棟アパートをホームインスペクション(住宅診断)した事例です。主に10~20年前に建築された投資用一棟アパートに入退去のタイミングで空室となったお部屋を中心にホーム...

2014.06.06 本日OPEN!賃貸オーナー・大家さんのための住宅診断サイト
賃貸オーナー・不動産投資家・大家さんのためのホームインスペクション(住宅診断)専門サイトが本日OPENしました。消費増税や相続税の実質増税の影響もあり、今、資産運用の一つとして注目を集めている「不動産投資」。一般的な投資指標とされているのは“利回...

no image

2014.06.03 購入後に瑕疵(かし)が発覚した投資用中古一棟アパート
アベノミクスによるインフレ予測から、個人の不動産投資市場が過熱の感があり、さくら事務所には、収益・投資用不動産、特にアパート系のトラブル相談が増加しています。物件を紹介されてから購入の可否について意思表示をするまでのスピード感が求められる不動...

2014.06.03 マンション投資で泣くパターンとは・・・
全国のマンションストック数は2009年末時点で562万戸。居住人口は約1,400万人と、日本人の11パーセントがマンションに居住、首都圏にいたっては3人に1人がマンション居住者です。また2011年には築30年を超えるマンションが100万戸を超えました。ご承知のとおり...

2014.06.03 新築マンション内覧会同行で見つかった不具合の事例
さくら事務所のホームインスペクター(住宅診断士)が、「新築マンション内覧会同行」で見た、不具合の事例をご紹介します。見つかった不具合事例●大きな床の傾き上記写真では、フローリング傾きが、200mmの範囲で約10mm近くあります。スケールの目盛は約9mmで...

8 / 8« 先頭...45678